ジョブコントローラ変数一覧

変数 タイプ 内容 変数値
CURRENT_TIME 数値 ジョブ(アイコン)実行時の現在時刻
(YYYYMMDDHHMMSS)
例)アイコンの実行時間が2013年12月31日AM9:30:00 →
「20131231093000」
JOBNET_BOOT_TIME 数値 ジョブネットの起動時刻
(YYYYMMDDHHMMSS)
例)ジョブネットの起動時刻が2013年12月31日AM9:00 →
「201312310900」
JOBNET_ID 文字列 自アイコンが所属するジョブネットID 例)ジョブネットIDが「JOBNET-1」 →
「JOBNET-1」
JOBNET_NAME 文字列 自アイコンが所属するジョブネット名 例)ジョブネット名が「テストジョブ」 →
「テストジョブ」
JOB_EXIT_CD 数値 ジョブの戻り値(0~255)
※拡張ジョブ(曜日判断)の具体的な取得値については「拡張ジョブ一覧」をご参照ください。
例)拡張ジョブ(曜日判断:火曜)で指定された曜日が現在の曜日と一致 →
「3」
JOB_ID 文字列 自アイコンのジョブID 例)ジョブIDが「IF-1」 →
「IF-1」
JOB_NAME 文字列 自アイコンのジョブ名 例)ジョブ名が「条件分岐」 →
「条件分岐」
LAST_STATUS 数値 情報取得アイコンで取得した値
※具体的な取得値については「情報取得アイコン」をご参照ください。
例)情報取得アイコンで取得したジョブ状態が「実行中」 →
「2」
MANAGEMENT_ID 数値 実行中のジョブネットを識別する管理ID
※具体的な取得値については「情報取得アイコン」をご参照ください。
例)ジョブネットを即時起動 →
「1500000000000000001」
STD_ERR 文字列 ジョブアイコンに登録されたコマンド、およびスクリプトが出力するエラー出力の文字列
複数行のデータも通知
※文字列は最大4000バイトまで格納され、4000バイト以降のデータはカットされます。
例)「unama」コマンドを指定 →
「unama: command not found」
STD_OUT 文字列 ジョブアイコンに登録されたコマンド、およびスクリプトが出力する標準出力の文字列
複数行のデータも通知
例)「uname」コマンドを指定 →
「Linux」
USER_NAME 文字列 ジョブネットを作成したユーザ名 例)「Test01」ユーザで作成 →
「Test01」