ジョブアイコン

job

ジョブアイコンは、対象ホストで実行するスクリプト/コマンド情報などを登録します。

ジョブアイコンの設定

  1. 選択したジョブアイコンのコンテキストメニューより「設定」を選択します。
  2. ジョブアイコンの設定ダイアログが表示されます。 image-1

    クリックで拡大

  3. 各項目を入力します。
項目名 形式 説明
ジョブID テキストボックス

・ジョブを識別するIDを半角英数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)で指定

・初期値「識別子(JOB-)+連番」

・重複登録不可

・半角32文字まで入力可能

ジョブ名 テキストボックス

・ジョブの名称を指定

・ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能

・全角21文字、半角64文字まで入力可能

・省略可能

ホスト ラジオボタン
リストボックス
テキストボックス

・コマンドを実行するホスト(サーバ)を指定

・「ホスト名」と「変数名」の同時指定不可

・「ホスト名」ではZABBIXに登録済みのホストを選択

・「変数名」ではジョブコントローラ変数を指定し、変数からホスト名を取得

・ASCII文字のみ使用可能

・半角128文字まで入力可能

停止コマンド チェックボックス
テキストボックス

・実行ジョブ詳細画面でアイコンの強制停止を行う際に実行するコマンドを指定

・チェックボックスがオンの場合、指定された停止コマンドが実行

・チェックボックスがオフの場合、KILLコマンド(SIGKILL)が実行

・ASCII文字のみ使用可能

・半角4000文字までの入力可能

・省略可能

実行 テキストボックス

・ジョブで実行対象となるコマンドを指定

・パラメータ付きのコマンドも指定可能

<記述例>
■単体コマンドを記述する場合 image-1

クリックで拡大

※先頭に「#」をおく事でコメントの記述が可能です。 image-1

クリックで拡大

■複数のコマンドを記述する場合 image-1

クリックで拡大

※この場合、Job Serverが取得する戻り値は最後に実行されたコマンドの戻り値となります。
■シェルを記述する場合(以下はcシェルの例) image-1

クリックで拡大


・ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ、全角英数字、半角英数字、記号が使用可能

・全角1333文字、半角4000文字までの入力可能

ジョブ変数 テキストボックス

・コマンドに適用する変数名と値を指定

・リスト下部の入力エリアに変数名、および値を指定し、追加ボタンを押下することにより、変数の追加が可能

・ここで指定したジョブ変数はジョブコントローラ変数とは違い、後続のジョブでは使用不可であり、当該ジョブアイコン内のみで使用可能なローカル環境変数となる

・利用者が定義したジョブコントローラ変数値をユーザコマンドに渡したい場合、ジョブ変数の[値]欄に<$ジョブコントローラ変数名>を指定することで通知可能

※ジョブ変数にジョブコントローラ変数と同じ変数名を指定した場合、ジョブ変数の値が採用されます。

・ASCII文字のみ使用可能

・変数名は半角128文字まで入力可能

・変数値は半角4000文字までの入力可能

ジョブコントローラ変数 チェックボックス

・ジョブコントローラが提供する変数の利用可否を指定

※「ジョブコントローラ変数一覧」をご参照ください。

・チェックされた変数はコマンドで利用可能

タイムアウト警告 テキストボックス

・タイムアウト処理までの時間を分単位(1~99999)で設定

・※タイムアウト処理無しの場合は0となります。

・指定された時間(分)を経過してもジョブが終了しない場合に、アイコンが橙色に変化し警告メッセージをログに出力

・タイムアウト後も処理は継続

・半角数字のみ使用可能

・5桁まで入力可能

ジョブ停止コード テキストボックス

・ジョブの停止条件となる戻り値を指定

・指定された戻り値を検出した場合、ジョブは停止

・カンマ(,)での複数指定、およびハイフン(-)での範囲指定が可能

・半角数字、カンマ(,)、ハイフン(-)のみ使用可能

・半角32文字まで入力可能

・省略可能

強制実行 チェックボックス

・ホストが無効の場合でも処理を実行

・ホストが無効で、このオプションが無効の場合は、エラーが発生