エラー検知時の処理継続

Job Arrangerでは、通信エラー等で、Job Arranger自体がエラーを検知した場合でも処理を継続することが可能です。
通常、ジョブアイコンはエラーを検知するとエラー停止(アイコン停止)しますが、設定ダイアログで「処理継続」をチェック(ON)にした場合はエラー停止せず、続けて次のアイコンを実行することが可能です。
なお、ジョブアイコンのエラー有無はジョブコントローラ変数によりチェック可能です。

これにより、VIPを使用しなくてもクラスター構成の1号機または、2号機のどちらかで処理をする事が可能になります。

非常に簡単な例として、DB1号機でエラー(JOBのエラーではありません)が発生した場合DB2号機で処理する方式です。
実際の処理で使用する場合は、JOBのエラー等も考慮する必要があります。

image-1

クリックで拡大

JOB-DB1

image-2

クリックで拡大

DB1号機で、処理を実行します。
この際、処理継続をONにします。これによりAgentとの通信でエラーが発生してもJobNetが停止することはありません。
実際の設定では、Zabbix Agentも停止している可能性がありますので、強制実行もONにしてください。
Agentとの処理結果は、ICON_STATUSに格納されます。

IF-1

image-3

クリックで拡大

DB1号機の処理結果:ICON_STATUSを判定します。
実際には、JOBの処理結果の判定を追加するなど複雑な判定が必要になる場合があります。

JOB-DB2

image-4

クリックで拡大

DB2号機で、処理を実行します。
この際、処理継続をONにします。これによりAgentとの通信でエラーが発生してもJobNetが停止することはありません。
実際の設定では、Zabbix Agentも停止している可能性がありますので、強制実行もONにしてください。
Agentとの処理結果は、ICON_STATUSに格納されます。

END-1

image-5

クリックで拡大

この例では、最終結果としてICON_STATUSを返すようにしています。