Project

General

Profile

その他問い合わせ #2414

コマンド実行時の仕様について

Added by Anonymous over 2 years ago. Updated over 1 year ago.

Status:
終了
Priority:
高め
Assignee:
-
Start date:
11/25/2016
Due date:
% Done:

0%

Estimated time:

Description

お世話になります。

JobArranger経由で実行ユーザーを指定してコマンドを発行するジョブを作成していますが、
実行ユーザのサブグループ情報が使用できないと思われる事象が発生しております。

具体的には、JobArranger経由でidコマンドを実行した場合と、
サーバにログインしてidコマンドを実行場合とでは結果に差異があり、
JobArranger経由ではサブグループまで表示されません。

また、実際にサブグループの書き込み権限でのファイル作成(touchなど)も
JobArranger経由では、permission deniedとなってしまう状況です。

考えられる原因を教えていただけますでしょうか。

よろしくお願い致します。

---------------------------------------------------
Job Arranger Server/Agent 導入先情報
OS:CentOS Linux release 7.2.1511 (Core) 64bit
パッケージ: jobarranger-agentd-3.0.0-1.el7.x86_64
jobarranger-server-mysql-3.0.0-1.el7.x86_64
--------------------------------------------------------

History

#1 Updated by 保守サポート 担当 over 2 years ago

  • Status changed from 新規登録 to 受付完了

ジョブアレンジャーのご利用ありがとうございます。

実行ユーザーについては下記をご参照ください。ジョブアイコンの実行ユーザー指定以外にも設定要素があります。

http://ジョブ管理.fitechforce.com/reference-manual_2.1/account_of_job_execution.html

速やかな返信のためにサポート契約をご検討頂ければ幸甚です。
宜しくお願い致します。

#2 Updated by Anonymous over 2 years ago

担当者さま

ご回答ありがとうございます。

ご連絡頂いた、実行ユーザの設定につきましては、
期待通りの設定ができています。

本トピックで確認させて頂きたい内容は、
ジョブの実行ユーザがメイングループ以外に、サブグループに所属している場合に
以下例のようにidコマンドの結果に差が出る事です。

例:
・teratermで、testユーザでidコマンドを実行した結果
uid=1001(test) gid=1005(test) group=1005(test),1001(test1),1002(test2),1003(test3),1004(test4)

・ジョブアレンジャーで、実行ユーザにtestを指定しidコマンドを実行した結果
uid=1001(test) gid=1005(test) group=1005(test)

このように同じユーザで、同じコマンドを実行しているにも関わらず、
なぜ差が出てしまうのでしょうか。

ご確認お願い致します。

#3 Updated by 保守サポート 担当 about 2 years ago

本件長らく回答しておりませんで大変に恐縮です。
遅ればせながら回答いたします。

JobArrangerジョブアイコンの実行ユーザー指定では指定ユーザのdefault groupを利用します。
そのため、指定した実行ユーザにサブグループがありましてもその情報は表示されません。
またサブグループに関する権限についても引き継がれません。

実行例1:
・実行ユーザー test2を指定
・実行スクリプト-->その結果

id    --> uid=1003(test2) gid=1003(test2) 所属グループ=1003(test2),0(root)
id test2 --> uid=1003(test2) gid=1003(test2) 所属グループ=1003(test2),1004(test3),1005(test4)

※id test2と明示したコマンドではサブグループは表示されます。

しかし下記で記述であれば、ジョブアイコンの実行スクリプト内でもサブグループでコマンド実行は可能です。

su -c '実行script' - 実行ユーザー

実行例2:
・実行ユーザー 指定無(root実行)
・実行スクリプト-->その結果
su -c 'id' - test2 --> uid=1003(test2) gid=1003(test2) 所属グループ=1003(test2),1004(test3),1005(test4)

同様にこの方法であればtouchでのファイル作成での権限も有効です。

速やかな返信のためにサポート契約を是非ご検討頂ければ幸甚です。
宜しくお願い致します。

#4 Updated by 保守サポート 担当 about 2 years ago

  • Status changed from 受付完了 to 回答中

#5 Updated by 保守サポート 担当 over 1 year ago

  • Status changed from 回答中 to 終了

Also available in: Atom PDF