プロジェクト

全般

プロフィール

その他問い合わせ #2891

ジョブのエラーについて

匿名ユーザー が3ヶ月前に追加. 3ヶ月前に更新.

ステータス:
回答中
優先度:
急いで
担当者:
-
開始日:
2018/05/22
期日:
進捗率:

0%


説明

お世話になっております。
添付画像のジョブのエラー(2種類)が発生しており、こちらについて
対処方法があればご教授頂けますでしょうか。
他に必要な情報があればご指摘ください。

<環境>
■サーバ
Zabbix / JobArrangerサーバ
OS :CentOS7
Zabbix :3.0
Job Arranger :3.2.0
mysql :3.2.0

■エージェント
OS :CentOS7
Zabbix :3.0.13-2.el7
Job Arranger :3.2.0

e1.png 表示 (128 KB) 匿名ユーザー, 2018/05/22 20:18

e2.png 表示 (130 KB) 匿名ユーザー, 2018/05/22 20:18

履歴

#1 匿名ユーザー が3ヶ月前に更新

ご担当者様

お世話になっております。
本件、ご回答を頂けないでしょうか。
情報が不足している場合、ご指摘頂ければと思います。

#2 保守サポート 担当3ヶ月前に更新

  • ステータス新規登録 から 回答中 に変更

ジョブアレンジャーのご利用ありがとうございます。

1.[JARUNICONJOB200012] Cannot send data:inner_jobid [10656576], message ~
これは、サーバがAgentにジョブ実行情報を正しく渡せていない(Agentが正しく応答していない)ときに出るエラーです。
様々なケースがあり、messageに[Can not insert jobid: ]が出ているところを見ると、Agent側で実行データの書き込みが出来ていないようです。

#2211 に同様のエラーに対して回答していますのでご参照ください。

2.[JACONNECT300001] In ja_connect() can not connect the host. cannot connect to [[10.99.99.99]:10055]~
このエラーは[10.99.99.99]:10055に接続できなかった為に出ています。
まずは、このエージェント[10.99.99.99]へ接続可能か、ポート10055が利用可能な状態かをご確認ください。

サーバ側のjobarg_server.confのJaAgentListenPort の設定(省略可)と
エージェント側jobarg_agentd.confのJaListenPortは同じ設定である必要があります。
これについても一致しているかご確認ください。

※さらに詳細な調査には、事象発生時のserver.log及び当該Agentのagent.logを頂けますと助かります。
ServerとAgentのサーバ時刻がピッタリ一致していると、より正確な分析が出来ます。

速やかな返信のためにサポート契約をご検討頂ければ幸甚です。
標準保守サービスは、導入から操作/設定までの一般的な問合せや障害調査、
修正版提供等を包括したサポートサービスで、多数のご利用実績がございます。
何卒宜しくお願い致します。

#3 匿名ユーザー が3ヶ月前に更新

ご連絡ありがとうございます。

#2211 に同様のエラーに対して回答していますのでご参照ください。

上記を確認すると「C:\Program Files\FitechForce\Job Arranger Agent\database\の以下を全部削除ください。」とありますが、
今回の対象が、centos7になります。その場合は、どのディレクトリの、どのファイルが削除対象になるでしょうか?

まずは、このエージェント[10.99.99.99]へ接続可能か、ポート10055が利用可能な状態かをご確認ください。

Job serverから、対象エージェントにnmapコマンドで確認したところ、
ポート10055は利用可能となっていました。

サーバ側のjobarg_server.confのJaAgentListenPort の設定(省略可)と
エージェント側jobarg_agentd.confのJaListenPortは同じ設定である必要があります。

エージェント側のjobarg_agentd.confは、「JaListenPort=10055」となっていますが、
サーバ側のjobarg_server.confは、「# JaAgentListenPort=10055」とコメントアウトされています。
サーバ側のコメントを解除した方が良いでしょうか?

ログについては、サーバ・エージェント側とも流れてしまって確認出来ない状態となります。
お手数をお掛け致しますが、上記2点についてご回答頂けますようお願い致します。

#4 保守サポート 担当3ヶ月前に更新

今回の対象が、centos7になります。その場合は、どのディレクトリの、どのファイルが削除対象になるでしょうか?

/var/lib/jobarranger です。

サーバ側のコメントを解除した方が良いでしょうか?

そのままでOKです。コメントのままであれば10055になりますので。

ログについては、サーバ・エージェント側とも流れてしまって確認出来ない状態となります。

confの LogFileSizeを大きくしておくと、より長期間残すのに役立ちます。

よろしくお願いいたします。

#5 匿名ユーザー が3ヶ月前に更新

ご回答ありがとうございます。
#2211の対処方法を実施しましたので、事象が再発するか様子見を致します。
尚、#2211にファイルの権限の問題とありますが、/var/lib/jobarrangerの
jobarg_agentd.db*を削除して、Job Arranger Agentを起動したところ、
削除前と同じパーミッション、オーナー、グループのファイルが作成されましたが、
今後同じ問題が発生しないのでしょうか。

rw-r--r- 1 root root 6144 6月 1 12:04 jobarg_agentd.db
rw-r--r- 1 root root 0 6月 1 12:04 jobarg_agentd.db.backup
rw-rw-r- 1 root root 1928 6月 1 12:04 jobarg_agentd.db.jajournal

以上、よろしくお願いいたします。

#6 保守サポート 担当3ヶ月前に更新

尚、#2211にファイルの権限の問題とありますが、/var/lib/jobarrangerの
jobarg_agentd.db*を削除して、Job Arranger Agentを起動したところ、
削除前と同じパーミッション、オーナー、グループのファイルが作成されましたが、
今後同じ問題が発生しないのでしょうか。

#2211 のファイルの権限の問題は、Windowsエージェントで多数ジョブ同時実行の過負荷時に起きうるエラーです。
これは最新バージョンで改訂されております。
https://www.jobarranger.info/jaz/jaz_release_note.html

今回は、Linux版エージェントですのでこれとは異なるかもしれませんが、いずれにせよなんらかで
Agent側でDBデータ書き込みが出来ていないことが原因ではないかと思います。
DBを一旦クリアして、もし再度発生時にはサーバ側、エージェント側両方のログがあれば、
原因につながる情報が出ていると思いますのでご提示ください。
是非LogFileSizeは大きくしておいてください。

以上よろしくお願いいたします。

他の形式にエクスポート: Atom PDF