Project

General

Profile

Edit Actions

その他問い合わせ #3723

open

冗長構成について

Added by Anonymous 3 months ago. Updated 3 months ago.

Status:
回答中
Priority:
高め
Assignee:
-
Start date:
03/13/2024

Description

保守サポート担当者 様

お世話になっております。
本製品の導入検討しております。

【環境】
RHEL9
 Job Arranger Server 6.1.1
 Job Arranger Agent 6.1.1
 Job Arranger Manager 6.1.1
 Zabbix 6.0
 PostgreSQL 15

【確認事項】
JobArrangerのActive-Stanby構成を検討しております。
待機系に同期する情報は以下のみとの認識で合っていますでしょうか。
  • DBの定義情報(ジョブの定義、その他カレンダーやスケジュールなど含む)
    ※同期する必要のあるDBの定義情報は「ja_~」で始まる全テーブル
  • 設定ファイル(jobarg_server.conf、jobarg_monitor.conf)

また、JobArrangerの定義情報をバックアップ、リストアする手順がございましたらご教示いただきたくお願いいたします。

Updated by 保守サポート 担当2 3 months ago

  • Status changed from 新規登録 to 回答中

記載されている内容からしますと、Server-DB の組み合わせを2セット用意して、片方をStandbyとして運用すると見えますが、合っていますでしょうか?

この構成の場合、注意すべき点として、ActiveとStandbyのセットで、ServerとAgentが同じIPになっている必要があるという点になります。
下記は、御認識の通りです。

DBの定義情報(ジョブの定義、その他カレンダーやスケジュールなど含む)
※同期する必要のあるDBの定義情報は「ja_~」で始まる全テーブル
設定ファイル(jobarg_server.conf、jobarg_monitor.conf)

※ServerのIPが変更になった場合に自動的にServer-Agent間で調整する機能は、次のVersionで組み込む予定となっています。

Updated by Anonymous 3 months ago

ご回答ありがとうございます。

サーバ構成につきまして言葉足らずで申し訳ございません。
以下構成を検討しております。
・Zabbixはzabbixサーバ#1とzabbixサーバ#2の2台構成で各々で監視データを収集(Active-Active構成)
・JobArrangerサービスについては、zabbixサーバ#1:起動、zabbixサーバ#2:停止(Active-Stanby構成)
 (zabbixサーバ#1の障害時にzabbixサーバ#2のJobArrangerのサービスを起動)
・各Agentの設定ファイル(jobarg_agentd.conf)に以下内容を記載
 「Server=zabbixサーバのFQDN」 ※サーバ情報は障害発生時にDNSを更新

以下についてご教示お願いいたします。

●確認事項1

この構成の場合、注意すべき点として、ActiveとStandbyのセットで、ServerとAgentが同じIPになっている必要があるという点になります。

検討している構成ではServerのIPアドレスが異なるのですが、問題ないとの認識で合っていますでしょうか。
また、Agent設定ファイルの「Server」について、FQDNではなくIPアドレスまたはホスト名の記載を推奨しているなど懸念事項はございますでしょうか。

●確認事項2
バックアップ、リストア時に以下サービスの停止は不要との認識で合っていますでしょうか。
・jobarg-server.service
・jobarg-monitor.service

●確認事項3
御社で実施されているバックアップ、リストア手順がありましたらご教示いただきたくお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

Updated by 保守サポート 担当2 3 months ago

●確認事項1
 クラスタ構成ですとVIPは、Server1,2で共通となります。
 Zabbixのホスト名は、OSのホスト名とは異なり、別の名称を付けることができますので、VIPに対してホストを登録する事は、問題ありません。
 Server独自のIPのホスト名とVIPのホスト名の両方を利用されている方も居られます

●確認事項2
 バックアップは、とられる手段によりますが、リストア時は、停止する必要があります。

●確認事項3
 弊社のお薦めは、停止してバックアップとなりますが、JOBNETのスケジュールタイミング等で停止できないケースもありますので、その場合は、OnlineでのSQLDUMPとなります。
 どちらのケースでも、リストア後にJOBNETの停止等の操作が必要になります。

Edit Actions

Also available in: Atom PDF