サイト用ツール


サイドバー

4.0:install:server:01server-conf

4.Configuration

jobarg_server.confの設定

/etc/jobarranger/jobarg_server.confを環境に合わせて設定をします。
「Include」の設定を行うことで、zabbix_server.confで設定しているパラメータをjobarg_server.confで使用することができます。必要に応じて、パラメータの追加や上書きを行ってください。

jobarg_server.conf パラメータ一覧

パラメータ 必須 初期値(省略時) 説明
Include × ※コメントアウト Zabbix設定ファイル(zabbix_server.conf)を指定
これによりzabbix_server.confの情報をIncludeし、jobarg_server.confでも使用可能

※注意点:
JobArrangerでは個別ファイル指定のみInclude対象。ディレクトリ指定(配下全ファイル指定)や、*使用のファイル名ワイルドカード指定も不可。下記は不可例です。
  Include=/usr/local/etc/zabbix_server.conf.d/
  Include=/usr/local/etc/zabbix_server.conf.d/*.conf
IncludeしたZabbix設定ファイル上での指定も不可。
指定した場合は起動時にエラーとなります。
DBHost × Localhost
※コメントアウト
データベースがlocalhost以外の場合、コメントを外しデータベースが稼働するホスト名を設定
DBName 使用するデータベース名を設定
DBUser 使用するデータベース接続ユーザ名を設定
DBpassword × 使用するデータベース接続ユーザのパスワードを設定
DBSocket × /tmp/mysql.sock
※コメントアウト
MySQLの接続にソケットを使用する場合、コメントを外し設定
DBPort × 3306 ※コメントアウト データベースポートを設定
(ローカルソケットの場合データベースポートは使用されません。)
LogSlowQueries × 0 ※コメントアウト クエリの実行時間が指定したミリ秒以上要した場合、ログファイルに該当するクエリを出力
ListenIP × 0.0.0.0 ※コメントアウト Job Server(jatrapper)がlistenするIPアドレスをカンマ区切りで設定
(設定が存在しない場合、全ネットワークインタフェースで待ち受けます。)
SourceIP × ホストのPrimaryIP 接続に使用するソースIPアドレスを設定
Timeout × 3(秒) ※コメントアウト
5(秒) ※1
エージェント、外部チェックのタイムアウトを設定
範囲[1-300]
※1 JobArrangerのversion3.0以降は5秒が初期値です。
DebugLevel × 3 デバックの出力レベルを設定
0-出力なし
1-クリティカル情報
2-エラー情報
3-警告
4-デバッグ情報(大量の情報が出力されます。)
LogFileSize × 1 ログファイルの最大サイズ(MB単位)を設定
0-自動ログローテーション無効範囲[0-1024]
JaLogFile × ※初期設定値
/var/log/jobarranger/
jobarg_server.log
サーバのログファイルの保管場所/ファイル名を設定
(未設定時はsyslog出力)
JaPidFile × /tmp/jobarg_agentd.pid
※初期設定値
/var/run/jobarranger/
jobarg_server.pid
サーバのPidファイルの保管場所/ファイル名を設定
JaSelfmonInterval × 1(秒)
※コメントアウト
他のプロセス(jaloader等)の監視をするプロセス(jaselfmon)のポーリング間隔
JaLoaderInterval × 30(秒) ※コメントアウト スケジュールに登録されたカレンダーと起動時刻を元に、ジョブネットとジョブフローの実行管理情報をDBに事前展開するプロセス(jaloader)のポーリング間隔
JaBootInterval × 1(秒) ※コメントアウト ジョブネットのステータス更新や終了したジョブネット情報の削除を行うプロセス(jaboot)のポーリング間隔
JaJobnetInterval × 1(秒) ※コメントアウト ジョブネットの開始実行や終了ステータスを判定するプロセス(jajobnet)のポーリング間隔
JaJobInterval × 1(秒) ※コメントアウト ジョブの強制停止やタイムアウト監視を行うプロセス(jajob)のポーリング間隔
JaJobTimeout × 30(秒) ※コメントアウト ジョブのタイムアウトチェックを行うチェック間隔
JaJobInterval値以上の値を設定
(「0」を設定するとJaJobIntervalと同じ値が適用されます。)
JaRunInterval × 1(秒) ※コメントアウト ジョブの実行を行うプロセス(jarun)のポーリング間隔
JaStartTrappers × 5 ※コメントアウト Job Agentからの結果を受信するプロセス(jatrapper)のインスタンス数を設定
JaTrapperListenPort × 10061 ※コメントアウト Job Agentからの結果を受信するプロセス(jatrapper)のポート番号
JaAgentListenPort × 10055 ※コメントアウト Job Agentのポート番号
JaExtjobPath /etc/jobarranger/
extendedjob
ユーザコマンドを実行する内部コマンドが存在するディレクトリ
通常は変更不要
JaErrorCmdPath /etc/jobarranger/alert エラー発生時、Job Serverに実行させたいコマンド(アプリケーション)を置くパスを指定
JaLogMessageFile /usr/local/etc/
jobarranger/locale/
logmessage_32BIT.txt
OSのビット数に合わせて、以下のファイルを指定
32bit版:
logmessage_32BIT.txt
64bit版:
logmessage_64BIT.txt
JaFcopyTimeout × 180(秒) ※コメントアウト ファイル転送時の通信タイムアウト値を設定
範囲[1-3600]
JaZabbixVersion - Zabbixのバージョンを指定する本設定は4.0で廃止済。 JobArrangerのversion4.0以降はZabbix4.0以降を対象とします。
JaLaunchInterval × 1(秒) ※コメントアウト ジョブネットの即時起動を行う処理間隔を指定
JaZabbixMessageFile × /etc/jobarranger/locale/ Zabbixホストの有効・無効メッセージが格納されたメッセージファイルディレクトリ
通常は変更不要
JaExecutionUser × Zabbix ※コメントアウト Job Serverを実行するUNIXユーザを指定