サイト用ツール


サイドバー

4.0:operation:external_commands:external_commands

7. 外部I/F機能

Job Arrangerは外部I/F機能として、以下の4つの機能を有しています。

  ①外部からジョブネットを起動できる「jobarg_exec」
  ②起動させたジョブネットのステータスを取得できる「jobarg_get」
  ③ジョブの実行結果を取得できる「jobarg_joblogput」
  ④保留されたアイコンの保留状態を解除する「jobarg_release」

外部I/F機能はコマンド形式で提供され、Linux版のみ提供されています。適切な引数を設定してコマンドを実行することにより、ジョブネットを即時実行させることや、ジョブネットのステータスを取得することができます。
このコマンドをシェルでラッピングしてZabbixのアクション機能から呼び出すことにより、特定の障害を検知した場合に事前登録しておいたジョブの実行や実行状況の確認をするといったZabbixとJob Arrangerの連携や、その他の応用が可能となります。