Job Manager:インストール

Job Managerには各オブジェクトの作成、および実行管理等の全機能が使用できる「Job Arranger Manager」と各オブジェクトやジョブ実行状況の参照のみが可能な「Job Arranger Manager View」という二つのパッケージが存在します。なお、セットアップならびにアンインストールについては両パッケージとも同様の方法になります。

Installerの取得

Job ManagerのInstallerを以下のURLよりダウンロードします。

https://www.jobarranger.info/redmine/projects/job-arranger-for-zabbix/repository

対象ファイル

32bit版 64bit版
Job_Arranger_Manager_x86.msi Job_Arranger_Manager_x64.msi
setup.exe setup.exe

また、インストールに先立ち以下の作業が完了していることが前提条件となります。

  • NET Framework 4、.NET Framework 4 日本語 Language Pack(日本語版OSのみ)がインストールされていること
    ※ .NET Framework 4 Client Profileのみでは動作しません。
  • NTPによる時刻同期が設定されていること
  • データベースにJob Arrangerテーブルが追加されていること(「データベースへの初期データ登録」参照)
  • ODBC Driverがインストールされていること

※1台のマシンにJob Arranger ManagerとJob Arranger Manager Viewを同時にインストールすることはできません。

ODBCダウンロードサイト

ODBC Driver Download Site
MySQL Connector/ODBC http://dev.mysql.com/downloads/
PostgreSQL ODBC Driver http://www.postgresql.org/ftp/odbc/versions/msi/

Installerの実行

Installerを以下の通り実行し、Job Managerをインストールします。

  1. ダウンロードしたInstallerをダブルクリックし、起動します。
  2. Job Arranger Managerセットアップウィザードが起動されたら、「次へ」ボタンを押下します。 Job Arranger Managerセットアップ画面
  3. インストールしたいパッケージを選択し、「次へ」ボタンを押下します。 インストールパッケージの選択

    Job Arranger Manager

    カレンダー、スケジュール、ジョブネットなど、全てのオブジェクトの操作が可能なパッケージとなります。通常はこちらを選択します。

    Job Arranger Manager Viewer

    オブジェクトの表示のみを行うパッケージとなります。設定変更やジョブネット起動などの操作は行えません。
  4. Job Managerのインストールフォルダーを指定し、「次へ」ボタンを押下します。
    (ver3.4.0以降のフォルダーは C:\Program Files\Job Arranger\Job Arranger Manager\) インストールフォルダーの選択
  5. 「次へ」のボタンを押下すると、インストールが開始されます。 インストールの確認
  6. インストールが完了しましたら、下記の画面が表示されますので、「閉じる」ボタンを押下します。 インストール完了画面