Job Arranger for Zabbix:稼働環境

Zabbix

    Version3.4までのJob Arranger for Zabbixでは利用するZabbixバージョンを設定(JaZabbixVersion)により指定できます。
    Version4.0以降は設定(JaZabbixVersion)は廃止し、4.0と4.1はZabbix4.x、5.0はZabbix5.xが稼働環境対象となります。
    Job Arrangerバージョンによる指定可能なZabbixのバージョンは以下のとおりです。(○可、×不可)
    Zabbix バージョン
    Job Arranger バージョン ~1.8.x ~2.2.x ~3.4.x ~4.2.x ~5.0.x
    0.9.x ~ 1.3.x × × × ×
    1.4.x × × ×
    2.0.x ~ 3.4.x × ×
    4.0.x ~ 4.1.x × × × ×
    5.0.x × × × ×

Server

  • Redhat 6.x, 7.x, 8.x
  • CentOS 6.x, 7.x, 8.x
  • Amazon Linux
  • Amazon Linux 2

Agent

  • Redhat 5.x, 6.x, 7.x, 8.x
  • CentOS 5.x, 6.x, 7.x, 8.x
  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Debian 8.x
  • Windows 8.x,10
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Amazon Linux
  • Amazon Linux 2

 Version5.0のJob Agentを古いWindows(8.x、Server 2012 R2)にインストールする際、必要なソフトウェアがありますので、インストールマニュアルの※をご覧ください。

Manager(GUI)

  • Windows 8.x,10
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

 Job Managerの稼働に必要なソフトウェア要件についてはインストールマニュアルのシステム要件をご覧ください。

Database

  • MySQL 5.5~5.7, 8.0.x
  • MariaDB 5.5, 10.x
  • PostgreSQL 9.1~12.x

稼働確認予定環境

 お問い合わせください。