Job Arranger for Zabbix

Zabbixという軽量で優れたオープンソースで統合監視を実現した次の目標は、ジョブ管理機能の実現です。
しかし、有名な商用のジョブ管理ソフトウェアは、どうしても高価になります。
その分、機能も豊富でプログラミングの経験が、ほとんど無くても扱えるようになっていたり、ITIL準拠で構成管理、変更管理等との連携、バックアップソフトウェアとの連携など多くの機能が備わっています。
もっと手軽に、導入したZabbixを有効に活用して、ジョブ管理機能を実現する事を基本コンセプトに開発をしています。

コンセプト

  • Zabbixと同様に非常に軽量で動作
  • Zabbixと同様にフルオープンソースでの提供
  • 各オブジェクトの相関関係がわかりやすい構成
  • ライブラリと同じ概念で、共有、再利用し易い方式
  • System Engineerに判りやすいフローチャートを基準
  • Shell Scriptと同様に変数を利用可能とし、変数の値を操作、判断することで複雑な機能を実現
  • 統合監視(Zabbix)と有効利用するため、ZabbixにAdd-Onする方式で開発
  • 他のアプリケーションから連携しやすくするため、ジョブ管理機能を外部から操作できるI/Fをご用意

ライセンス

Job Arranger for Zabbix(Job Arranger Managerを除く)のプログラムおよびソースコードは、GNU General Public License(GPL)version 2を採用しています。GPLの全文はhttp://www.gnu.org/licenses/を参照してください。
Job Arranger Managerのプログラムおよびソースコードは、Apache License, version 2を採用しています。
Apache Licenseの全文はhttp://www.apache.org/licenses/を参照してください。

Job Arranger for Zabbixのドキュメントは、GPLの適用外です。
個人利用に限り他のフォーマットに変換することは許可されますが、いかなる場合でもコンテンツの改変は許可されません。
個人利用に限り複製が許可されます。
内容の全部または、一部を再利用、再配布することは、許可されません。