ファイル読込による稼働日の一括登録

稼働日にしたい日付が記載されたTEXTファイルを読込むことで、稼働日を一括登録することができます。
ただし、変更前の稼働日情報は全て削除されます。

  1. カレンダー編集画面にて、ファイル読込ボタンを押下します。 image-1

    クリックで拡大

  2. 稼働日ファイル読込画面が表示されます。 稼働日ファイル読込画面
  3. 「参照」ボタンを押下します。
  4. ファイル選択ダイアログが表示されるので、対象のファイルを指定し「OK」ボタンを押下します。
  5. 対象ファイル内のフォーマットに合わせて、画面上のフォーマットを選択します。 フォーマットの種類

    稼働日ファイル(TEXTファイル)の記載例

    稼働日ファイル(TEXTファイル)の記載例(フォーマット:YYYY/MM/DD)
  6. 登録内容を確認し「読込み」ボタンを押下します。
  7. カレンダーの内容を確認し「登録」ボタンを押下します。 image-3

    クリックで拡大

  8. 編集登録確認ダイアログが表示されるので「はい」ボタンを押下します。 編集登録確認ダイアログ