マニュアル

5.Configuration(monitor)

jobarg_monitor.confの設定

ジョブネットの投入監視を行うJob Monitorを使用する場合には以下の設定ファイルを編集します。
なお、Job Monitorはオプション機能です。Job Monitorが未実行でもJob Serverの動作には影響ありません。

/etc/jobarranger/jobarg_monitor.confを環境に合わせて設定をします。
「Include」の設定を行うことで、jobarg_server.confで設定しているパラメータをjobarg_monitor.confで使用することができます。必要に応じて、パラメータの追加や上書きを行ってください。

jobarg_monitor.conf パラメータ一覧

パラメータ 必須 初期値 説明
Include × /etc/jobarranger/
jobarg_server.conf
jobarg_server.confを指定
これにより、jobarg_server.confの情報を取り込み、jobarg_monitor.confでも使用可能
※注意点:Serverの4.Configuration、Includeの説明参照
DBHost × Localhost
※コメントアウト
データベースがlocalhost以外の場合、コメントを外しデータベースが稼働するホスト名を設定
DBName 使用するデータベース名を設定
DBSchema × 設定不要
DBUser 使用するデータベース接続ユーザ名を設定
DBPassword × 使用するデータベース接続ユーザのパスワードを設定
DBSocket × /tmp/mysql.sock
※コメントアウト
MySQLの接続にソケットを使用する場合、コメントを外し設定
DBPort × 3306 ※コメントアウト データベースポートを設定
(ローカルソケットの場合データベースポートは使用されません。)
DebugLevel × 3 デバックの出力レベルを設定
0 - 出力なし
1 - クリティカル情報
2 - エラー情報
3 - 警告
4 - デバッグ情報(大量の情報が出力されます。)
LogFileSize × 1
10 (version 5.0以降)
ログファイルの最大サイズ(MB単位)を設定
0 - 自動ログローテーション無効
範囲[0-1024]
LogType × file ログファイルの出力タイプ(version 5.0.1より追加)
file - JaLogFileに設定した.logファイルへ出力
system - syslogファイルへ出力
(Dockerではconsole指定で標準出力可)
JaLogFile × /var/run/jobarranger/
jobarg_monitor.log
Job Monitorのログファイルの保管場所/ファイル名を設定
(未設定時はsyslog出力)
JaPidFile × /var/run/jobarranger/
jobarg_monitor.pid
Job MonitorのPidファイルの保管場所/ファイル名を設定
(version5.0以降は初期値も/tmpではなく/var/run/jobarranger以下)
JaMonitorInterval × 60 (秒) ※コメントアウト Job Monitorの監視間隔を指定
この値を60以下の値にすると、同じ検知メッセージを複数出力
範囲[1-60]
JaSenderScript × /etc/jobarranger/monitor/
jasender_monitor.sh
検知したエラーをZabbixに通知するZabbix通知シェル(jasender_monitor.sh)の保管場所/ファイル名を設定
(本パラメータが省略されている場合はZabbixに検知メッセージを通知しません。)
JaExecutionUser × Zabbix ※コメントアウト Job Serverを実行するUNIXユーザを指定

Job Arranger マニュアル